【FP監修】学資保険の相談や見直しができる「保険ガーデンプレミア」〜おすすめする特徴や口コミを紹介!

子供の教育費を貯めていくひとつの手段として、学資保険を検討する方は多いと思いますが、いざ加入しようとすると、たくさんの保険会社やプランがあって、どれが一番いいのか分からない場合がありますよね。

そんな時は、いろんな商品の中から自分に合ったものを一緒に考えてくれる保険相談窓口を利用することをおすすめします。

保険相談窓口のひとつである「保険ガーデン」では、学資保険選びに特化した「保険ガーデンプレミア」という窓口を展開しています。
今回の記事ではこの「保険ガーデンプレミア」の特徴や、実際に利用した人の口コミを紹介します。

【この記事の監修】

ファイナンシャルプランナー 西田 凌 学資保険プロ

ファイナンシャルプランナー
西田 凌

複数の保険総合代理店にて勤務後、より多くの方に「正しい情報」を届けるために、現在は完全独立系のファイナンシャルプランナーとして活躍中。
年間100世帯の面談経験を元に、個人のコンサルティングやweb上での相談サービスに加え、お金の専門家として様々な情報サイトで執筆を手掛ける。
保険のみならず、年金や社会保険、資産運用や老後資金など幅広い知識で家計にベストなアドバイスを行うFPとして人気が高い。

FP2級・AFP 資格保有

⇒ 監修者のプロフィール詳細はこちら

> 経験豊富なプランナーに無料相談♪ <
> あなたに最適な学資保険が見つかる! <

ほけんガーデンプレミア

「保険ガーデンプレミア」のサービスの特徴は?

「保険ガーデンプレミア」は、学資保険に特化した保険の相談窓口サービスです
学資保険に新規加入する時の商品の選び方や、すでに加入している学資保険の保障内容の見直しについてアドバイスをもらうことができます。

他にも保険相談窓口は多数ありますが、学資保険に特化した窓口は「保険ガーデンプレミア」だけです

その他にも、家庭の状況に応じて将来いくら教育費がかかるのか、教育資金を確保するための効率的な貯蓄方法にはどういったものがあるのかなど、子育てに必要な費用についてもプロの学資保険プランナーが詳しく相談に乗ってくれます。

何度でも無料で相談できる

一般的にファイナンシャルプランナーなどの専門家への相談にはお金がかかることが多いですが、「保険ガーデンプレミア」への相談は何度でも無料です。

喫茶店などのお店で相談する場合には自分の飲食代は負担する必要はありますが、相談料などの名目でお金を請求されることはありません。

相談時間は1回あたり約1時間半が目安です。
初めての面談では希望やライフプランなどのヒアリングを行い、2回目以降に詳しい提案をもらうことになります。

また、相談したからといって必ずしも保険に加入する必要もないので、気軽な気持ちで相談を受けることができます。

取り扱い保険会社は10社以上

学資保険は多くの保険会社が取り扱っており、それぞれ商品性や保障タイプが違うため、どれを選べば良いのか迷ってしまうことも多いでしょう。

「保険ガーデンプレミア」では10社以上の保険会社を取り扱っているため、さまざまな商品を比較し、提案をしてくれます。
1つの商品で解決できなかったとしても、複数を組み合わせて希望に合ったプランを作ってもらうことも可能です。

自分一人で10社以上のほけん会社を比較して選んでいくのはなかなか時間も労力も必要ですが、知識が豊富なプロのプランナーが一緒に考えてくれるので、効率よく自分に合った最適な保険を選ぶことができます。

好きな時間に好きな場所で相談できる

土曜・日曜・祝日を含む朝9時から夜8時までの都合のいい時間で相談可能です。場所も好きな場所を指定することができます。

お金に関する話なので、他の人に聞かれないよう自宅や担当プランナーの事務所を指定する人が多いようですが、自宅近くの喫茶店などでも可能です。

小さい子供がいる場合でも、自宅やキッズスペースがあるお店などで相談ができるので、安心してゆっくりお話を聞くことができますよ。

しつこい勧誘をしない「人柄」重視のプランナー

「保険ガーデンプレミア」では、所属する保険プランナーの質を最重視しています。最新の学資保険の情報や法制度などの知識はもちろんのこと、適切な「人柄」「経験」があるか、保険ガーデンのスタッフが直接プランナーと面談し、選んでいます。

とはいえ、「プランナーの提案が合わなかったら?」「しつこく勧誘されたらどうしよう?」と不安に思う人もいるでしょう。担当のプランナーが自分に合わないと感じた場合、「保険ガーデン」に連絡すれば担当を変更してもらうことが可能なので、安心して利用できます。

相談の流れと用意しておくもの

相談の流れとしては、
①まず公式HPに必要事項を入力して相談予約します。
電話や、スマホでの予約も可能です。

②担当者より連絡があり、大まかな相談内容や相談日時を決定します。

③決めた日時に指定した場所で相談を行います。

必須ではありませんが、加入中の保険がある場合は保険証券を持っていくと、現状を把握し易くスムーズに相談を行えるので、すぐに用意できる人は持っていくようにしましょう。

また、現在の経済状況や、今後の子供の進路についてなど、相談時に伝えておきたい事や聞いておきたい事をまとめておくと、より的確なアドバイスを受けることができますよ。

キャンペーンで無料相談するだけでプレゼントがもらえる

現在「保険ガーデンプレミア」では、Webサイトから保険相談を申し込み、面談後アンケートに回答するとプレゼントがもらえるキャンペーンを実施しています。
プレゼントはオーガニックコットンのスタイや靴下、子供のおもちゃやオムツなど、子育て中にもらうと嬉しいものがたくさん用意されています。

申し込み期間は、2019年1月1日から2020年12月31日までです。学資保険への加入に興味がある人は、ぜひ該当期間中に相談申し込みをしてみましょう。

ただし、すでに「保険ガーデンプレミア」を利用したことのある人、プランナーが対応できない一部の地域に住む人など、キャンペーンの対象外となる場合もあるので事前に確認するようにしましょう。
出典:保険ガーデンプレミア公式サイト

保険ガーデンの口コミや評判を紹介

ではここで、実際に保険ガーデンを利用した方の口コミを紹介します。

結婚して子供が生まれたので保険の見直しが必要と思い保険ガーデンさんにお願いしてみました。
どんな人が来るのか不安でしたがお会いしてみると、とても気さくな女性の担当者さんですごく安心しました。
子供の学資保険を考えていたので出費が増えるな、と悩んでいたところを今入っている保険を見直したら保障はそのままで保険料が下がったのでその分を学資に充てることができました。
結局費用や増えずに貯金ができるなんてすごいと思いました。
どうもありがとうございました。 30代 女性
脱サラしてお店を開業しました。最初の頃は保険に入る余裕もなく、その場しのぎで何とか生活していました。
ようやくお店の売り上げも安定してきた頃、ネットでこちらを見つけました。話だけでも聞いてみようと軽い気持ちで予約したのを覚えています。同じ年代の担当者が来てくれて、個人事業主特有の環境について詳しく、病気や怪我で入院した時の給料保障などの提案をしてくれました。
また経費や控除でカバーできる保険の入り方なども教えてくれてとても感謝しています。
知らないと損することが多いことに改めて気付かされました。 30代 男性
10年前に病気を患い、その前に加入していた保険を切り替えることができないと諦めていました。ですがのその保険は10年ごとに更新されるタイプでしたので、保険料も高くなり将来が心配でしたのでこちらのお話を一度聞いてみたく利用してみました。
若い男性の方が分かりやすく説明をしてくれました。
私の病院にも付き添ってくれて先生に説明して頂き必要な書類を手続き頂きました。
結果、テレビのCMで見た入りたい保険に切り替えることができました。
息子と同じくらいの歳ですが今でも年賀状や定期的にご連絡いただきとても安心しています。 50代 女性

出典:保険ガーデン公式サイト

口コミを見ると、それぞれのプランナーが相談者の状況に寄り添って丁寧で細やかなサポートをしてくれることが分かります。
また、保険を加入して終わりということではなく、加入した後も継続して手厚いサポートを受けられるようですね。
現在、保険ガーデンに対する悪い口コミは見つかっておりません

保険ガーデンのデメリットは?

保険ガーデンを利用する際のデメリットとしては、担当するプランナーによって取り扱い保険会社が若干違ってくることです。
保険ガーデンでは自社でFPを雇っているわけではなく、全国の優秀なプランナーとの業務提携という形を取っているため、それぞれのFPが登録している保険会社の中から提案を受けることになります。
したがって、予約の段階では担当FPが分からないため、どの保険会社の中から提案を受けるのかという事が分かりません。
しかし、少なくとも10社以上の中から選んでくれるので、各保険会社に自分で相談に行くよりは、はるかに効率よく自分に合った保険内容を選ぶことができますよ。

保険相談窓口比較一覧
ここで、主な保険相談窓口4社の特徴を比較し一覧表にしましたので、保険相談窓口選びの参考にしてみてください。

  特徴 取扱
保険
会社数
タイプ
保険ガーデン
ほけんガーデンロゴ

公式サイト

担当プランナーの「人柄」と「経験」を最重視し、顧客に寄り添った提案が特徴
「保険ガーデンプレミア」はこの中でも学資保険に特化した窓口
10社
以上
訪問型
保険市場
保険市場ロゴ

公式サイト

東証一部上場企業が運営し、全国に576店舗を展開する日本最大級の保険相談窓口 84社 訪問型
来店型
保険見直しラボ
保険見直しラボロゴ

公式サイト

業界歴平均12.1年のベテランコンサルタントによる保険相談ができる 約30社 訪問型
ほけんの窓口
ほけんの窓口ロゴ

公式サイト

オリコン顧客満足度ランキング「来店型保険ショップ」で総合1位 40社
以上
来店型
マネードクター
マネードクターロゴ

公式サイト

全国に90店舗展開し、1300人以上の経験豊富なFPが在籍している 21社 訪問型
来店型

それぞれの保険相談窓口についての特徴や口コミを紹介していますので、以下のページも是非参考にしてください。

>> 各保険ショップの詳細はこちら <<

学資保険は本当に必要?

「保険ガーデンプレミア」は学資保険の加入を考える人にとって便利なサービスですが、そもそも学資保険は必要か悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

学資保険に加入する目的は、主に子どもが大学入学する年齢でかかる入学金や授業料などの教育資金を準備するためです。教育資金は一般的な銀行預金や金融商品で貯めてもいいのですが、学資保険には独特なメリットがあります。

まずは貯蓄性の高さです。学資保険の払込期間中は毎月一定額が保険料として自動引き落としされるので、計画的に子どもの教育資金を積み立てることができます。貯金の習慣がない方でも無理なく貯蓄が可能です。

さらに、支払った額より多く受け取れる場合があります。学資保険の商品選びで重視されるポイントとして、支払った保険料に対して将来どれだけ学資金を受け取れるか示す「返戻率へんれいりつ」があります。返戻率が高い学資保険を選べば、積み立てた金額より多く満期金を受け取ることができるため、効率的に貯蓄できます。

最後に、保護者の万が一に備えられている点です。多くの学資保険では「払込免除特約はらいこみめんじょとくやく」が付帯されており、保険契約者である保護者が死亡したり高度障害になったりした場合にはそれ以降の保険料が免除になります。不慮の事故や病気によって収入がなくなったとしても保険契約を継続でき、満期の学資金や祝金も契約時の金額のまましっかり保障されます。
ほかにもお子さまの医療保障・死亡保障を付帯できる商品もあります。

このようにメリットが多い学資保険は、お子さまを持つ保護者におすすめの貯蓄方法といえます。

まとめ

「保険ガーデンプレミア」は、知識や経験豊富なプランナーに気軽に学資保険の相談ができるサービスです。
将来の大学進学にかかる入学料や授業料などの教育資金をこれから貯めようと考えている人はぜひ一度相談し、どの商品を選ぶべきか、いくら準備するべきなのかなど、いろいろなことを聞いてみるのをおすすめします。

保険ガーデンプレミア公式サイト

  • 「保険ガーデンプレミア」は学資保険に特化した相談窓口サービス
  • プランナーは知識だけでなく、人柄と経験を重視して選ばれている
  • 相談は土日祝も対応、好きな時間と場所を指定できる
  • 10社以上の保険会社の学資保険商品を取り扱っている
  • Webサイトから相談申し込みするとプレゼントがもらえるキャンペーンを実施中

>【FP監修】最新!2020年学資保険ランキング <
学資保険返戻率ランキング

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事