【FP監修】学資保険の加入時期を比較!0歳と1歳ではいくら違うの?
こどもの教育資金のために学資保険への加入を考えていても、赤ちゃんが産まれてすぐはいろいろと忙しくて、なかなか手が回らないことが多いですよね。1歳になってからでも良いのでは?と思うママもいると思いますが、実は学資保険は0歳のうちに加入する方がお得なんです。

【この記事の監修】

ファイナンシャルプランナー 西田 凌 学資保険プロ

ファイナンシャルプランナー
西田 凌

複数の保険総合代理店にて勤務後、より多くの方に「正しい情報」を届けるために、現在は完全独立系のファイナンシャルプランナーとして活躍中。
年間100世帯の面談経験を元に、個人のコンサルティングやweb上での相談サービスに加え、お金の専門家として様々な情報サイトで執筆を手掛ける。
保険のみならず、年金や社会保険、資産運用や老後資金など幅広い知識で家計にベストなアドバイスを行うFPとして人気が高い。

FP2級・AFP 資格保有

⇒ 監修者のプロフィール詳細はこちら

学資保険返戻率ランキング

学資保険の加入は早いほど返戻率が上がる

返戻率へんれいりつという言葉を知っていますか?

これは保険料の払込総額に対して、祝金を含めた満期時の受取金額が何パーセントかを示した値です。この数値が高いほうが、支払った金額に対してより多くの金額を受け取ることができます。

返戻率が100%以上だと、支払った金額以上の金額を受け取ることができ、反対に100%を下回ると元本割れとなります。

保険会社は支払われた保険料を運用に回すため、少しでも運用期間が長い方がその分利息が多くつくので返戻率が上がります。

また、加入が早いほど貯め終わるまでの期間が長く取れ、月々の保険料が安くなるため、家計に負担をかけることなく、計画的な貯蓄ができることもメリットのひとつです。

⇒ 2019年学資保険の返戻率ランキングはこちら

親の年齢が上がると、保険料も上がる

ほとんどの学資保険には保険料払込免除特約はらいこみめんじょとくやくがついています。
これは「契約者である親が亡くなったり高度障害者状態になった場合、その後の保険料の払い込みが免除される」という特約です。
入学金や授業料がもっともかかる大学進学の時などに、両親が今と同じように働くことができて安定した収入を得ている。という保証はどこにもありません。

この「保険料払込免除特約」は契約日から適用され、もしもの時でも子供が「学ぶ」ことを諦めることなく大学まで進学ができる備えになります。
これは学資保険に加入する大きなメリットのひとつといえます。

しかし契約者の年齢が上がるとその分死亡率も上がるので、自ずと保険料が高くなってしまいます。こどもの年齢だけではなく、契約者(親)の年齢も若ければ若いほど保険料が安くなりお得ということですね。

0歳と1歳で加入した場合の保険料比較

では実際に0歳と1歳では保険料がどれほど違うのかを数字で見ていきましょう。

今回は「ソニー生命学資金準備スクエア」を例に挙げ、シュミレーションしてみます。
このプランは、子供が中学進学前の10歳で払込済になり、大学の入学費用が必要になる18歳~大学卒業の22歳までの5年間に、毎年40万円が受取れるというもので、受取総額は200万円です。

0歳で加入した場合

払込期間 0歳~10歳
被保険者(子供)の加入年齢 0歳
契約者(父親)の加入年齢 30歳
月々の保険料 15,540円
返戻率 107.2%
0歳で加入した場合の学資年金受け取りイメージ 学資保険 0歳

1歳で加入した場合

払込期間 1歳~10歳
被保険者(子供)の加入年齢 1歳
契約者(父親)の加入年齢 31歳
月々の保険料 17,580円
返戻率 105.3%
1歳で加入した場合の学資年金受け取りイメージ 学資保険 0歳
上の表のように同じ保険でも加入の時期によって変わるのは、返戻率と月々の保険料です。

返戻率は、0歳加入で「107.2%」、1歳加入で「105.3%」と、加入が1年遅くなると1.9%下がります。
月々の保険料は、0歳加入で15,540円、1歳加入で17,580円と、加入が1年遅くなると2,040円上がります。

こうして見ていくと、せっかく加入するのであれば早い方がお得なことがよく分かりますね。

0歳の方が審査が通りやすい

保険には加入の際に必ず審査があります。審査は「告知書」という書類を申請して審査されますが、告知書には契約者である親と子供の、病歴や薬の処方歴を明記します。
そこで、0歳の新生児はまだ母親の免疫を持っている時期のために大きな病気を患っていないケースが多く、審査が通りやすいのです。

1歳を過ぎると歩けるようになって活動範囲がぐっと広がります。人の多い所に連れていくことも増えて、感染症にかかったり怪我をすることも多くなりますから、病歴や薬の処方歴は格段に増えます。よって年齢が上がるほど審査が通りにくくなっていきます。

しかし、保険会社によっては医療保障が付いておらず、貯蓄(返戻率)重視の学資保険を扱っている所もあるので、子供の健康状態の告知が不要の場合もあります。

お子さんの健康状態に不安がある場合や、返戻率を重視する場合はそういった保険会社の学資保険を選んでみてはいかがでしょう。

学資保険はいつまで入れる?

こどもが1歳を過ぎてしまっていても、学資保険に入ることは可能です。
ほとんどの学資保険が未就学児までとなっていますが、中には10歳ごろまで加入できるものもあります。
年齢制限は保険会社や商品によって違ってきますので、こどもが大きくなっていてもあきらめずに相談してみましょう。

反対に、妊娠中から加入できる学資保険もあります。産後は育児に忙しく、なかなか時間が取れないことも多いので、出産前にしっかり選んでおくと安心ですね。

学資保険に加入するベストなタイミングについてはこちらの記事もオススメです。

まとめ


こどもの教育費は、すべて公立の場合でおよそ800万円、私立の場合だとおよそ2,000万円かかると言われています。
またその中でも、大学入学時は入学料も含め、入学準備にかなりまとまった金額が必要です。
できればこどもが行きたいと思う学校に通わせてあげたいものですし、それが私立大学だった場合、さらにしっかりと貯蓄しておく必要があります。

学資保険は高い貯蓄性と、もしもの時の保障を兼ね備えた力強い保険です。
できるだけ早い時期に、保障タイプなども含めて家庭のライフプランに沿った学資保険をしっかりと選んでおきたいですね。

まとめ

  • 加入は早いほうが返戻率が上がり、保険料が安くなる
  • 0歳の方が加入の際の審査に通りやすい
  • 妊娠中に加入しておくと安心

学資保険返戻率ランキング

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事