【FP監修】学資保険とは?特徴と選び方のポイントを分かりやすく解説します!

こどもの教育資金を貯める方法が数ある中で、「学資保険」という選択肢を目にすることは多いと思います。
しかしいったい学資保険とはどういったものなのか、詳しく知らないという方もいますよね。
また、自分には学資保険が必要なのかどうか、イマイチ分からない場合もあると思います。
今回は学資保険についての基本的な内容や特徴、生命保険などその他保険との違いや、メリットとデメリット、そして選ぶ時のコツを一から解説していきます。

【この記事の監修】

ファイナンシャルプランナー 西田 凌 学資保険プロ

ファイナンシャルプランナー
西田 凌

複数の保険総合代理店にて勤務後、より多くの方に「正しい情報」を届けるために、現在は完全独立系のファイナンシャルプランナーとして活躍中。
年間100世帯の面談経験を元に、個人のコンサルティングやweb上での相談サービスに加え、お金の専門家として様々な情報サイトで執筆を手掛ける。
保険のみならず、年金や社会保険、資産運用や老後資金など幅広い知識で家計にベストなアドバイスを行うFPとして人気が高い。

FP2級・AFP 資格保有

⇒ 監修者のプロフィール詳細はこちら

> 経験豊富なプランナーに無料相談♪ <
> あなたに最適な学資保険が見つかる! <

ほけんガーデンプレミア

学資保険ってどういうもの?

学資保険は終身保険や定期保険、養老保険などと同じ生命保険に分類され、こどもの教育資金の貯蓄に特化した保険です。
一定期間保険会社に教育資金を預けておき、こどもの進学時期など決められた時期に、祝金や満期金として学資金を受け取るように作られています。

中には支払った保険料より多くの学資金を受取ることができる貯蓄性の高い商品もあります

また銀行での貯蓄とは違い、学資保険には保障機能もついていて、契約者である親に万が一のことが起きても、満期時には予定通りの学資金を受取ることができるところが特徴です。

学資保険のイメージ
学資保険のイメージ 学資保険とは

こどもの教育費は、いくら必要?

学資保険について知る前に、そもそも子どもの教育費は一体1人あたりどのくらいの金額がかかるのか、しっかりと把握しておく必要があります。
2019年10月から無償化になった幼稚園は省いて、小学校から大学までの教育費の平均額を年代別に見ていきましょう。

・小学校~高等学校

  公立 私立
小学校 約32万2千円 約152万8千円
中学校 約47万9千円 約132万7千円
高等学校 約45万1千円 約104万円

・大学

  国公立 私立
文科系 約242万5千円 約335万6千円
理科系 約242万5千円 約466万2千円
医歯学系 約349万7千円 約1,813万8千円

 
全て国立(大学は医歯学系以外)の場合、学費の総額は約367万7千円。全て私立(大学は文科系)の場合だと、学費の総額は約725万1千円です。
表を見ても明らかなように、教育費の中で一番お金がかかるのが大学費用で、国立の文学部に進んだ場合でも200万円以上の金額が必要になります。
また、この他にも塾や習い事などに通う場合はさらに資金が必要になりますし、大学では施設設備費などもかかってきます。

さらに大学が遠方の場合は、一人暮らしの家賃や仕送りなども考える必要性が出てきます。

こどもに十分な教育を受けさせたいという場合には、上記の表にある金額を「確実に貯める」必要があります。
確実に貯めるというのは

  • 必要額をコツコツ貯めていく
  • 親に万が一があっても必要額を準備できる

という2つの要素を満たさなくてはなりません。
そこで、こどもの教育費準備において最も有効とされる対策の1つとして、学資保険が挙げられます。

学資保険と生命保険の違いは?

では、学資保険と生命保険はどう違うのでしょうか?

基本的に学資保険の目的は、親に万が一の事があった場合でもこどもの将来の学資金を確保するということ。
一方生命保険の目的は、収入の柱である親に万が一の事があった場合に保障を得るというものです。

学資保険の場合は親に万が一のことが起こらなくても予定通りの満期金を受け取れるのに対し、生命保険は万が一の事が起きなければ、通常お金を受け取ることはできません。

したがって、保障を受けながら教育資金を貯めていくという目的であれば、学資保険が向いていると言えるでしょう。

学資保険で教育資金を準備する3つのメリット

では、学資保険に加入していると、一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

① 計画的に学資金や入学金などの貯蓄ができる

教育資金は金額も大きく期間も長いので、すべて自分で計画的に貯蓄するのは一苦労ですよね。

そんな時に学資保険に加入しておくと、毎月決った日に決まった保険料が自動で引き落とされるため、強制力があります。
さらに学資保険を途中で解約した場合、払戻金が払った保険料よりも少なくなってしまうので、損をすることになってしまうのです。
そのため、最後まで続ける!という意欲も湧き、子供の教育費準備で重要なコツコツと計画的な貯蓄が自動的に可能になります。

② もしもの時の保障がついている

学資保険のプランの多くには、“保険料の払込免除特約はらいこみめんじょとくやく"がついています。

この特約は、契約者が保険期間中に死亡、または所定の高度障害状態に該当した場合、それ以降の保険料の払い込みが免除になり、満期日には予定通りの満期金・祝金が受け取れるというものです。

契約者にもしものことがあって収入が途絶えたとしても、予定通りの満期金や祝金が支払われ、教育資金を確保できることは大きな安心につながりますね。

また、商品によっては育英年金や死亡保険金が受け取れるものや、子どもが病気やけがで入院・通院した場合や、死亡した場合に保障される、死亡保障や医療保障がついているものもあります。

ただし、こういった保障をつけた場合、保障内容によっても違ってきますが保険料が上がる場合がほとんどですので、契約の際は注意しましょう。

③ 所得税の控除が受けられる場合がある

学資保険料は“生命保険料控除せいめいほけんりょうこうじょ”に分類され、所得控除の対象となります。
所得控除とは支払った保険料の一部がその年の課税所得から差し引かれることです。
課税される所得が少なくなるという事は、その分税金が安くなりますので、より効率良く教育資金を貯められることになります。

ちなみに生命保険控除には、3つの枠があります。

一般生命保険料控除 死亡保険・養老保険・学資保険・収入保障保険 など
介護医療保険料控除 介護保険・医療保険・がん保険 など
個人年金保険料控除 個人年金保険 など
※一部条件有り

この3つの枠ごとに、支払った保険料の金額に応じて最高4万円までの控除が設定されています。

学資保険は、「一般生命保険料控除」に分類され、その年に支払った保険料総額によって控除額が決まります。
この保険料総額は、学資保険以外の保険料も合わせて計算します。
例えば「一般生命保険料控除」の枠には、死亡保険なども含まれていますので、同時に死亡保険にも入っている場合、その分の保険料も合計し、計算されます。

他に加入している保険ですでに上限を超える場合は、学資保険の所得控除のメリットはありませんが、教育資金を貯める上で大事な「確実に貯める」というのは上の2つのメリットで実現できるので、これは+αのメリットで考えるようにしましょう。

学資保険のデメリットは?

学資保険には多くのメリットがあるということが分かりました。では、デメリットにはどういったものがあるのでしょうか?

元本割れを起こす場合がある

学資保険は、商品によっては“元本割れがんぽんわ”が起きる場合があります。
“元本割れ”とは、支払った保険料の合計額よりも、満期金・祝金の合計額が低くなってしまうことです。

学資保険には「保障型」と「貯蓄型」の2種類があり、保障型は主に医療保険特約や育英年金などの“特約”がついている商品です。

この保障型は支払った保険料が保障にも充当されるため、元本割れを起こしやすくなっています。

元本割れを防ぎたい場合は、そういった特約をつけず、貯蓄性の高い「貯蓄型」の商品を選ぶことをおすすめします。

途中解約すると損をする

人生には、さまざまな“まとまったお金が必要な時期”があります。
例えば、マイカーやマイホームの購入・第2子や第3子の誕生などが重なって、毎月の保険料の支払いが苦しくなる場合もありますよね。
学資保険は途中解約ができる保険ですが、早期に解約した場合、払い込んだ保険料が全額戻ってくるわけではありません。
保険金の支払い・契約の締結や維持に必要な経費・医療保障(特約)など、これら3つを差し引いた残額が、解約返戻金の額となります。

教育資金のためにせっかく積立てたのに、結果的に損をしてしまうことのないよう、契約する前にしっかりと将来設計を行いましょう。無理なく満期まで続けられるプランを選択することが大切ですよ。

学資保険が必要な人と必要がない人

ここまで学資保険のメリットやデメリットについてお話ししてきましたが、教育資金を準備するために、必ずしも学資保険に加入する必要がある訳ではありません。

例えば

  • すでに十分な教育資金を確保できている人
  • コツコツと計画的に貯金をすることが得意な人
  • 自分で資産運用をしてお金を増やしたい人

こういった人は、必ずしも学資保険を利用しなくても、利回りがよく、途中で自由に引き出しが可能な定期預金や投資信託などを利用するという方法もあります。

しかし、

  • まだ教育資金の準備ができていない人
  • こつこつ貯めていくのが苦手な人
  • 親にもしものことがあった場合の保障も欲しい人

こういった場合は、毎月自動的に引き落とされ、途中で解約することが難しく、なおかつ親の万が一にも備えられる学資保険を利用することが得策ですよ。

学資保険はいつから加入するの?

実際に学資保険を利用する際に、いつ頃から加入すればいいのでしょうか?

答えは、「できるだけ早く」です。

こどもの年齢や低いほど保険料を長期間運用に回せるため、また、契約者である親の年齢が低いほど万が一のリスクが少なくなるといった理由もあり、学資保険は契約が早ければ早いほど保険料が安くなるように設定されています。

保険料が安いという事は、その分多くの学資金が受け取れるということ。
少しでもお得に教育資金を貯めていきたいなら、早めの加入をおすすめします。

また、ほとんどの学資保険で出生の140日前からの加入が可能です。
こどもが産まれてすぐは、何かと身動きが取りづらく契約も難しくなるので、比較的ゆっくりできる妊娠中に加入しておくと安心ですよ。

学資保険の選び方のポイント

ではいざ学資保険に加入することを決めても、世の中にはたくさんの学資保険があって、プランも様々なものが用意されています。
その中からひとつの商品を選ぶのは、なかなか難しいですよね。
そこで、ここからは学資保険やプランを選ぶときにチェックするべきポイントについて紹介します。

返戻率が高い商品を選ぶ

学資保険の貯蓄性をはかる際には、返戻率へんれいりつをチェックします。
返戻率とは、自分が支払った保険料の総額に対して受け取ることができる“満期金”や“祝金”などの総額が、どれだけ増減しているかを表す割合のことです。

【(満期金祝金)÷ 払い込み保険料の総額 × 100

支払った金額と受け取る金額が同じ場合、返戻率は100%。
支払った金額よりも、受け取る金額が多い場合は、返戻率100%超えです。
反対に、支払った金額よりも受け取れる金額が少ない場合は、返戻率100%を下回り、元本割れを起こします。

子どもの年齢や契約者の年齢、また、保険会社によって異なりますが、現在の学資保険の返戻率は、およそ102~108%のものが主流で、金利に換算してみると、年利で、約0.2%~1%相当となります。

近頃は、標準利率の低下に伴う予定利率の低下で、返戻率が下がっている学資保険もあるため、選ぶ際にはしっかりチェックしましょう。
※標準利率=金融庁が定めた一定の基準
※予定利率=保険会社が契約者に約束する、将来の利息を予想した数値

主な学資保険の返戻率をチェックするならこちら⇓

払込期間は短く、受取時期は遅くがポイント

多くの学資保険で10年、15年、18年払いなど家計に応じて払込期間を選ぶことができます。
払込期間が長いほど月々の支払保険料は安く済むので、長期間での払込を選びがちですが、実は支払い期間を短くすればするほど返戻率が高くなります

保険会社が預かった元本をより早く長期にわたって資金を運用できるためです。

同じ理由で教育資金の受取時期をできるだけ遅くすることによって、預かった元本を長く運用出来るので、さらに返戻率を上げることができます

例えば小、中、高校と進学する毎に祝金を受け取るプランより、大学進学時にまとめて満期金を受け取るプランの方が返戻率が高く設定されています。

しかしながら無理をして、教育資金を効率よく貯めるための学資保険が、逆に家計を圧迫してしまうことの無いよう、払込期間や受取時期は無理のない範囲で設定することが大切です。

学資保険に加入する余裕が無いときは?

お得な学資保険といっても、子育てをしながら日々の生活費を確保し、さらにこどもの教育資金を貯めていくことが難しい場合もあるでしょう。

そんな場合でも、学資保険は月々5,000円からでも加入することができます
例えばこどもが0歳の時から18歳まで月々5,000円貯蓄したとすると、100万円以上の教育資金を貯めることができるんです。
100万円で全ての大学費用を賄うことは難しいかもしれませんが、少しでも進学資金の足しにすることができます。

また、0歳から15歳までの子どもに支給される児童手当を、学資保険の支払いに回すといった方法もあります。
児童手当を全て貯蓄に回した場合、子ども1人につき約200万円以上の金額が貯まります。
全額回すことが難しい場合でも、児童手当の中から5,000円は必ず学資保険に回すといったような工夫をするといいですね。

毎月少しずつでもいいので、しっかりと貯蓄していくことを心がけましょう。

口コミで評価が高い学資保険ベスト3選


ここからは、実際に学資保険を利用している方の口コミの中から、評価の高い学資保険をランキング形式で紹介します。

1位. 高い返戻率を誇る ソニー生命 学資金準備スクエア
ソニー生命 学資金準備スクエアhttps://www.sonylife.co.jp/gakushi/

  • 支払った保険料より多くの学資金が受け取れ、返戻率はトップレベル
  • 保険料払込免除特約が付いている
  • ライフプランナーが、家計に合わせ細かいプラン設定をオーダーメイドしてくれる

口コミ

加入前の面談で具体的な数字を提示しながら会社説明を受け、信頼感と安心感を抱きました。安定感のある会社を選んで良かったと思っています。また加入前の面談から加入後の問い合わせや変更事項の連絡などすべて同じ担当者の方が対応してくださるので、お互いに顔の分かる者同士でのやり取りに安心します。そして選んだ決め手となったソニー生命の学資保険の特徴でもある魅力的な戻り率(返戻率)にも満足しています。大きな買い物でもある保険、教育費用(教育資金)準備としてもとても大事な物ですので信頼できる会社を選んで良かったと思います。
ソニー生命の学資保険には大変満足しています。ポイントとしまして、まずは魅力的な戻り率(返戻率)です。契約当初、教育費用(教育資金)の準備について貯蓄でまかなうか学資保険をかけるかで検討した結果、学資保険を選びました。現在の利率では同じ金額の貯金では叶わない額が満期で戻ってくるので貯蓄ではなく学資保険を選んで良かったと思っています。また進学学資金として払込開始から10年後にある程度まとまった金額が戻ってきたのですがうちの子は公立の中学に進学が決まっていましたので特に進学で大きな金額は必要ありませんでした。支払われた学資金を活用することで、家計に余裕がでて助かりました。そしてライフプランナーさんの質の高さにも満足しています。大変プロ意識が高く、保険に対しての知識、対応の感じの良さ、どこを見ても安心感と信頼感を持てることに満足感が高いです。

※ソニー生命公式サイトより抜粋

2位. 兄弟割引が人気 フコク生命 みらいのつばさ
フコク生命 みらいのつばさ(ジャンプ型)https://www.fukoku-life.co.jp/ad/tsubasa/index.html

  • 入園、入学時に祝金を受取るステップ型と大学進学時にまとめて受取るジャンプ型の2種類がある
  • 5年ごとの配当金がある
  • 他社には無い兄弟割引制度がある
口コミ

夫の年齢が私と15歳離れています。なので、夫になにかあった際にその後の保険料を収めなくても保証されると聞きとても魅力を感じました。幼稚園入園や小学校入学、中学校入学、高校入学、と折々のお金が必要になった時お祝い金を貰えるのもかなり助かるなと思います。なるべく据え置けばお金も増えるようなので楽しみです。

※出典:https://hoken.kakaku.com/insurance/company/company.asp?CompanyID=123

私の経験上大学準備と就職準備には何かとお金がかかり苦労しました。そのため、子供が大学時代に苦労しないように今からお金の準備をしておきたくて、返還率の高いこの「みらいのつばさ」のジャンプ型に加入しました。0歳から加入しているので保険料は安くて家計に響いていません。それなのに各種補償で安心して暮らせていることも嬉しく思っています。まもなく下の子が誕生するので兄弟割引を利用して同じ保険に加入したいと考えています。学資保険は未来への貯蓄と思えばとても賢い選択だと思います。

※出典:https://minhyo.jp/fukokuseimei-gakushihoken

3位. ゆうちょでおなじみ かんぽ生命 はじめのかんぽ
かんぽ生命 はじめのかんぽhttps://www.post.japanpost.jp/insurance/child/gks_kanpo.html

  • ライフプランに合わせ、学資資金の受け取りが3つのプランから選べる
  • 他社に比べ、医療保障が充実している
  • 18歳満期に加え、17歳満期もある
口コミ

学資保険に加入していたおかげで、満期保険金を大学の入学金、授業料に充てることができ、とても助かりました。今後も、良い商品があれば案内してほしいです。
学資保険の加入当時は、学資金目的なので医療保障は付けないことを考えていましたが、郵便局員の勧めで特約を付加しました。おかげで子どもの突然の入院に対応することができました。

※かんぽ生命 公式サイトより抜粋

まとめ

今回の記事では、学資保険とはどういったものなのか、また特徴やメリット、デメリットについて詳しく紹介しました。
将来子どもが望む進路を応援するためにはまとまった資金が必要で、そのための手段の1つとして、学資保険はとても有効です。
色々な手段がある中で、自分には学資保険が合っているなと思ったら、できるだけ早い時期に加入し、少しでも多くの学資金を準備できるようにしましょう。

  • 大学入学時には少なくとも200万円の資金が必要
  • メリットは、計画的に教育資金の貯蓄ができることと、親の万が一にも備えられること
  • デメリットは、保障型を選んだり途中解約すると、元本割れする恐れがあることと
  • 学資保険への加入はできるだけ早く、受取りはできるだけ遅くがポイント

>【FP監修】最新!2020年学資保険ランキング <
学資保険返戻率ランキング

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事