【FP監修】学資保険とは?特徴と選び方のポイントを分かりやすく解説します!

子育てで気になることの1つに、こどもの教育資金をどう準備するか?というものがありますよね。できれば子供が行きたいと思う学校に通わせてあげたい。そのために、教育資金をどう貯めていくのか。
いろんな方法がある中で、「学資保険」という選択肢を目にした方も多いと思いますが、ではいったい学資保険とはどういったものなのでしょうか?
今回は学資保険について基本的な内容や特徴、メリットとデメリット、そして選ぶ時のコツを一から解説していきます。

【この記事の監修】

ファイナンシャルプランナー 西田 凌 学資保険プロ

ファイナンシャルプランナー
西田 凌

複数の保険総合代理店にて勤務後、より多くの方に「正しい情報」を届けるために、現在は完全独立系のファイナンシャルプランナーとして活躍中。
年間100世帯の面談経験を元に、個人のコンサルティングやweb上での相談サービスに加え、お金の専門家として様々な情報サイトで執筆を手掛ける。
保険のみならず、年金や社会保険、資産運用や老後資金など幅広い知識で家計にベストなアドバイスを行うFPとして人気が高い。

FP2級・AFP 資格保有

⇒ 監修者のプロフィール詳細はこちら

学資保険返戻率ランキング

こどもの教育費は、いくら必要?

そもそも子どもの教育費は、一体1人あたりどのくらいの金額がかかるのでしょうか?
年代別に見ていきましょう。

・幼稚園~高等学校

  公立 私立
幼稚園 約69万円 約146万円
小学校 約193万円 約912万円
中学校 約141万円 約397万円
高等学校 約135万円 約310万円

・大学

  国公立 私立
文科系 約242万円 約386万円
理科系 約242万円 約522万円
医歯学系 約350万円 約2,246万円

 
全て国立(大学は文科系)の場合、学費の総額は約780万円。全て私立(大学は文科系)の場合だと、学費の総額は約2,151万円です。
また、この他にも塾や習い事などに通う場合はさらに資金が必要になりますし、大学が遠方の場合は、一人暮らしの家賃や仕送りなども考える必要が出てきます。

教育資金を準備する上で重要なこと

十分な教育を受けさせたいという場合には、上記の表にある金額を「確実に貯める」必要があります。確実に貯めるというのは

  • 必要額をコツコツ貯めていく
  • 親に万が一があっても必要額を準備できる

という2つの要素を満たさなくてはなりません。
そこで、こどもの教育費準備において最も有効とされる対策の1つとして、学資保険が挙げられます。

学資保険で教育資金を準備する3つのメリット

では、学資保険に加入していると、一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

① 計画的に学資金や入学金などの貯蓄ができる

教育資金は金額も大きく、期間も長いので、すべて自分で計画的に貯蓄するのは一苦労ですよね。

そんな時に学資保険に加入しておくと、毎月決った日に決まった保険料が自動で引き落とされます。さらに、学資保険を途中で解約した場合、払戻金が払った保険料よりも少なくなってしまうので、損をすることになってしまうのです。
そのため、最後まで続ける!という意欲も湧き、子供の教育費準備で重要なコツコツと計画的な貯蓄が自動的に可能になります。

② もしもの時の保障がついている

学資保険のプランの多くには、“保険料の払込免除特約はらいこみめんじょとくやく"がついています。
この特約は、契約者が保険期間中に死亡した、または所定の高度障害状態に該当した場合、それ以降の保険料の払い込みが免除になり、満期日には予定通りの満期金・祝金が受け取れるというものです。

契約者にもしものことがあって収入が途絶えたとしても、予定通りの満期金や祝金が支払われ、教育資金を確保できる上に、大きな安心にもつながりますね。

また、商品によっては育英年金や死亡保険金が受け取れるもの、
子どもが病気やけがで入院・通院した場合や、死亡した場合に保障される、死亡保障や医療保障もあります。
ただし、こういった保障をつけた場合、保障内容によっても違ってきますが保険料が上がる場合がほとんどですので、契約の際は注意しましょう。

③ 所得税の控除が受けられる場合がある

学資保険料は“生命保険料控除せいめいほけんりょうこうじょ”に分類され、所得控除の対象となります。
その年の課税所得が少なくなり税金が安くなるので、その分を考えるとより効率の良く教育資金を貯められることになります。

生命保険控除には、3つの枠があります。

一般生命保険料控除 死亡保険・養老保険・学資保険・収入保障保険 など
介護医療保険料控除 介護保険・医療保険・がん保険 など
個人年金保険料控除 個人年金保険 など
※一部条件有り

この3つの枠ごとに、支払った保険料の金額に応じて最高4万円までの控除が設定されています。

学資保険は、「一般生命保険料控除」に分類され、その年に支払った保険料総額によって控除額が決まります。
この保険料総額は、学資保険以外の保険料も合わせて計算します。
「一般生命保険料控除」の枠には、死亡保険なども含まれていますので、同時に死亡保険にも入っている場合、その分の保険料も合計し、計算されます。

他に加入している保険ですでに上限を超える場合は、学資保険の所得控除のメリットはありませんが、教育資金を貯める上で大事な「確実に貯める」というのは上の2つのメリットで実現できるので、これは+αのメリットで考えるようにしましょう。

学資保険のデメリットは?

学資保険には多くのメリットがあるということが分かりました。では、デメリットはどういうものがあるのでしょうか?

元本割れを起こす場合がある

学資保険は、商品によっては“元本割れがんぽんわ”が起きる場合があります。
“元本割れ”とは、支払った保険料の合計額よりも、満期金・祝金の合計額が低くなってしまうことです。

元本割れを起こす商品は、主に医療保障特約や育英年金などの“特約”がついているものです。
元本割れを防ぎたい場合は、そういった特約をつけないシンプルなプランをおすすめします。

途中解約すると損をする

人生には、さまざまな“まとまったお金が必要な時期”があります。
例えば、マイカーやマイホームの購入・第2子や第3子の誕生などが重なって、毎月の保険料の支払いが苦しくなる場合もありますよね。
学資保険は途中解約ができる保険ですが、早期に解約した場合、払い込んだ保険料は全額戻ってくるわけではありません。
保険金の支払い・契約の締結や維持に必要な経費・医療保障(特約)など、これら3つを差し引いた残額が、解約返戻金の額となります。

教育資金のためにせっかく積立てたのに、結果的に損をしてしまうことのないよう、契約する前にしっかりと将来設計を行いましょう。無理なく満期まで続けられるプランを選択することが大切ですよ。

学資保険以外での貯蓄方法は?

では学資保険以外の教育資金の貯蓄方法を比較してみましょう。

定期預金
定期預金の現在の金利は約0.02~0.2%程度です。
一方、学資保険に加入した場合、各社プランによっては返戻率107%を超える場合もあります。
仮に、毎月1万円を18年間積み立てた場合で比較してみましょう。

元金1万円×12ヶ月×18年=216万円

定期預金 学資保険
金利0.2%とすると 返戻率107%とすると
利息 約4万円 利息 約15万円

これを見ると、学資保険の方がはるかに貯蓄性が高いことが分かります。
積立定期預金や定期預金は、流動性(途中で引き出しが自由にできる)が高いのですが、学資保険のように強制的に支払われるという仕組みではないため、よほど意志の強い人でなければ、続けること・貯蓄することが難しいと言えます。
教育資金というのは必要となる時期が決まっているので、流動性の良さというのは逆にデメリットに繋がります。親に万が一があった時の保障も特に無いため、その場合は確実に貯めるという事も難しいでしょう。

個人向け国債
個人向け国債の金利が10年変動型で、約0.05%なのに対して、学資保険は平均で約1.3%となっています。
国債は、市場の変化によって金利が変動することをウリとしていますが、国債は大きなリターンが得られるというわけではありませんし、万が一の時の保障も無いので、今の金利から考えたら学資保険より優先して検討する必要は特に無いでしょう。

運用(株や投資信託など)
学資保険の代わりに利用される金融商品の1つに投資信託があります。
この投資信託とは皆で出し合ったお金を運用のプロ(つまり有識者)が個人では買えないような優良の投資先に投資をし、それにより得た利益を、お金を出した人達(投資家)に、還元するという仕組みとなっています。
投資信託は少額の投資から、そして比較的初心者からでも簡単にできる運用のため、学資保険の代わりに利用される方も多いかもしれません。
しかし、運用は基本的に長期にわたって行いますが、それには必ず波があるので一時的に下がる事もあります。
通常下がっている間はじっと耐え忍んで上昇するのを待ちますが、教育資金のように使う時期が決まっている場合はこれができません。もちろん万が一の時の保障もありませんので、学資保険と組み合わせて使うか、教育資金は学資保険一本で準備するという割り切りもいいかもしれません。

学資保険の選び方のポイント

ここからは、いざ学資保険を選ぶ時のポイントについて、紹介していきます!

返戻率が高い商品を選ぶ

学資保険の貯蓄性をはかる際には、返戻率をチェックします。
返戻率とは、自分が支払った保険料の総額に対して受け取ることができる“満期金”や“祝金”などの総額が、どれだけ増減しているかを表す割合のことです。

【(満期金祝金)÷ 払い込み保険料の総額 × 100

支払った金額と受け取る金額が同じ場合、返戻率は100%。
支払った金額よりも、受け取る金額が多い場合は、返戻率100%超えです。
反対に、支払った金額よりも受け取れる金額が少ない場合は、返戻率100%を下回り、元本割れを起こします。

子どもの年齢や契約者の年齢、また、保険会社によって異なりますが、現在の学資保険の返戻率は、およそ102~108%のものが主流で、金利に換算してみると、年利で、約0.2%~1%相当となります。

近頃は、標準利率の低下に伴う予定利率の低下で、返戻率が下がっている学資保険もあるため、選ぶ際にはしっかりチェックしましょう。
※標準利率=金融庁が定めた一定の基準
※予定利率=保険会社が契約者に約束する、将来の利息を予想した数値

⇒ 2019年学資保険の返戻率ランキングはこちら

無理のない払込方法を選ぶ

学資保険に加入する際、支払い期間を短くすればするほど返戻率が高くなり、お得になります。
しかし、支払い期間が短いということは、月々の支払額は高くなるということ。
教育資金を効率よく貯めるための学資保険が、逆に家計を圧迫してしまうことの無いよう、払込方法は無理のない範囲で設定することが大切です。

貯蓄型の学資保険を選ぶ

学資保険には、保障がシンプルな代わりに返戻率が高い「貯蓄型」と、医療保障などが充実している代わりに返戻率が低い「保障型」の2タイプがあります。

学資保険の目的はあくまでも教育資金の確保にあるので、少しでも多く満期金を受け取れる「貯蓄型」を選ぶようにしましょう。
「貯蓄型」の学資保険にも、払込免除特約がついている商品がほとんどですので、もしもの時も安心です。

どうしても医療保障も欲しいという方は、他の保険商品などで補うようにするといいですね。

口コミで評価が高い学資保険ベスト5選

ここからは、実際に口コミ評価の高い学資保険をランキング形式で紹介します。

1位.高い返戻率を誇る ソニー生命 学資金準備スクエア
ソニー生命 学資金準備スクエア

  • 支払った保険料より多くの学資金が受け取れ、返戻率はトップレベル
  • 保険料払込免除特約が付いている
  • ライフプランナーが、家計に合わせ細かいプラン設定をオーダーメイドしてくれる

口コミ

加入前の面談で具体的な数字を提示しながら会社説明を受け、信頼感と安心感を抱きました。安定感のある会社を選んで良かったと思っています。また加入前の面談から加入後の問い合わせや変更事項の連絡などすべて同じ担当者の方が対応してくださるので、お互いに顔の分かる者同士でのやり取りに安心します。そして選んだ決め手となったソニー生命の学資保険の特徴でもある魅力的な戻り率(返戻率)にも満足しています。大きな買い物でもある保険、教育費用(教育資金)準備としてもとても大事な物ですので信頼できる会社を選んで良かったと思います。
ソニー生命の学資保険には大変満足しています。ポイントとしまして、まずは魅力的な戻り率(返戻率)です。契約当初、教育費用(教育資金)の準備について貯蓄でまかなうか学資保険をかけるかで検討した結果、学資保険を選びました。現在の利率では同じ金額の貯金では叶わない額が満期で戻ってくるので貯蓄ではなく学資保険を選んで良かったと思っています。また進学学資金として払込開始から10年後にある程度まとまった金額が戻ってきたのですがうちの子は公立の中学に進学が決まっていましたので特に進学で大きな金額は必要ありませんでした。支払われた学資金を活用することで、家計に余裕がでて助かりました。そしてライフプランナーさんの質の高さにも満足しています。大変プロ意識が高く、保険に対しての知識、対応の感じの良さ、どこを見ても安心感と信頼感を持てることに満足感が高いです。

※ソニー生命公式サイトより抜粋

⇒ ソニー生命の学資金準備スクエアについて詳しくはこちら

2位.大学時に合計5回の学資年金 ニッセイ 学資保険
日本生命 ニッセイ学資保険

  • 大学の教育資金に加え、小・中・高校の入学費用を準備できるプランがある
  • 払い込んだ保険料よりも、大きな教育資金が受け取れる
  • 保険料払込免除特約がついている

口コミ

窓口にはこどもも連れて行ったのですが、ブースでベビーカーを隣に置いてゆっくり話せました。家計全体の話から今後の教育資金についていろいろアドバイスをもらえたので、たくさん相談してしまいました。家に来てもらうのはかたづけたり準備をしなければと思ってしまうので、自分から行く方が楽ですね(笑)これからも相談したい時は気軽に行けるのが良いと思います。

※日本生命 公式サイトより抜粋

⇒ 日本生命のニッセイ学資保険について詳しくはこちら

3位.大学進学時の備えに特化 第一生命 「こども応援団」「Mickey」
第一生命 こども応援団

  • 加入者の年齢が0~10歳まで加入可能
  • 大学進学までの期間で計画的な積み立てができる
  • 払込免除特約を付けることも、付けないことも可能

口コミ

魅力ある返還率もそうですが、リスクに対する保障範囲の広さに魅力を感じ、第一生命の学資保険を選びました。(20代女性)
学資の満期通知が家に届いた時、とても感動しました。まだ子どもが小さい頃に加入し、いつの間にか満期が訪れた時、同時に子どもも大きくなったんだなぁと改めて実感しました。加入しておいて本当に良かったです。(50代女性)

※第一生命 公式サイトより抜粋

⇒ 第一生命のこども学資保険について詳しくはこちら

4位.ゆうちょでおなじみ かんぽ生命 はじめのかんぽ
かんぽ生命 はじめのかんぽ

  • ライフプランに合わせ、学資資金の受け取りが3つのプランから選べる
  • 医療保障が充実している
  • 出生予定日の140日前から加入が可能
  • 18歳満期に加え、17歳満期もある

口コミ

学資保険に加入していたおかげで、満期保険金を大学の入学金、授業料に充てることができ、とても助かりました。今後も、良い商品があれば案内してほしいです。
学資保険の加入当時は、学資金目的なので医療保障は付けないことを考えていましたが、郵便局員の勧めで特約を付加しました。おかげで子どもの突然の入院に対応することができました。

※かんぽ生命 公式サイトより抜粋

⇒ かんぽ生命のはじめのかんぽについて詳しくはこちら

5位.貯蓄と保障のバランス重視 JA共済 こども共済「学資応援隊」
JA共済 こども共済「学資応援隊」

  • プランによっては12歳まで加入できる
  • 契約者の年齢が18~75歳までと幅広い
  • 給付金の受取時期は、中学・高校・大学プランから選択できる
  • 高い貯蓄性と保証がバランスよく、効率的な資金準備が可能
口コミ

こども共済の出生前加入を検討していたため、JAへ伺いました。すると、職員の方が出生前加入とはどういうものか、図を描きながら分かりやすく説明してくれました。
大変丁寧な説明であり、契約に際しての不安や疑問が一気に解消しました。

※JAこども共済 公式サイトより抜粋

⇒ JA共済こども共済「学資応援隊」について詳しくはこちら

まとめ

将来、子どもが望む進路を応援するためにはまとまった資金が必要で、そのために学資保険に加入することはとても有効です。
子どもの年齢が低い時期に早めに商品・特約を選び、計画的に学資金を貯蓄して行きましょう。

まとめ

  • 返戻率の高い商品を選ぶ
  • 貯蓄型の学資保険を選ぶ
  • 無理のない払込方法を選ぶ

学資保険返戻率ランキング

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事