【FP監修】JAの学資保険「こども共済」の「祝い金型」、「学資金型」それぞれのプラン詳細とシミュレーション解説!

JAの共済の保険と聞くと、農家や組合員でないと加入ができないの?と思うかもしれませんが、出資金(1口数千円~)を支払い「准組合員」となる事で誰でも利用する事ができます。
アンパンマンのキャラクターでおなじみのJA共済が販売する「こども共済」。
共済はそもそも組合員の相互扶助が目的で運営されている非営利団体のため、比較的掛け金が安いことも人気の理由です。

プランのひとつである「学資応援隊」が2019年の春に「ママリ口コミ大賞」学資保険部門で第1位を受賞しています。
今回は、このこども共済について、気になる特徴やプランを詳しく解説し、他の学資保険との違いをみていきます。

※「ママリ口コミ大賞」とは、ママ向けアプリ「ママリ」がユーザーを対象に「本当に買ってよかった」と思う商品やサービスについてアンケートを実施し、口コミ件数と満足度を基準に支持が多かった上位商品を紹介する取組みです。(JA共済公式サイトより抜粋)

【この記事の監修】

ファイナンシャルプランナー 西田 凌 学資保険プロ

ファイナンシャルプランナー
西田 凌

複数の保険総合代理店にて勤務後、より多くの方に「正しい情報」を届けるために、現在は完全独立系のファイナンシャルプランナーとして活躍中。
年間100世帯の面談経験を元に、個人のコンサルティングやweb上での相談サービスに加え、お金の専門家として様々な情報サイトで執筆を手掛ける。
保険のみならず、年金や社会保険、資産運用や老後資金など幅広い知識で家計にベストなアドバイスを行うFPとして人気が高い。

FP2級・AFP 資格保有

⇒ 監修者のプロフィール詳細はこちら

3つのプランの特徴とシミュレーション

JA学資保険「こども共済」では、「学資金型」と呼ばれる「学資応援隊」と、「祝金型」と呼ばれる「にじ」、「えがお」の3つのプランが用意されています。
JAこども共済は、子どもの加入年齢が幅広く設定されています。
他の学資保険では未就学児(0歳~6歳)までという場合が多いのですが、学資応援隊は12歳まで、にじ、えがおは11歳まで加入できます

ではここから、それぞれプランの違いと特徴を解説します。

学資金型「学資応援隊」

中学、高校、大学進学時に合わせて学資金を受け取るプランです。
教育資金の貯蓄を第一の目的としたい場合は、一番返戻率の高いこのプランをおすすめします
契約可能年齢は契約する内容によって異なりますが、こどもが12歳まで、契約者が75歳とまでと幅広い設定となっています。

学資応援隊は学資金の受取時期によって「中学プラン」「高校プラン」「大学プラン」と、さらに3つのプランに分かれます。

  共済期間 学資金
受取開始
年齢
払込期間
中学
プラン
14歳
満期
11歳 11歳    
15歳
満期
12歳 12歳    
高校
プラン
17歳
満期
14歳 11歳 14歳  
18歳
満期
15歳 12歳 15歳  
大学
プラン
22歳
満期
17歳 11歳 14歳 17歳
18歳 12歳 15歳 18歳

この中から、いつ重点的に学資金を受け取りたいかによって、プランを選ぶことができます。
また、1回で受け取る学資金の割合によって、「基本型タイプ」と「入学準備型タイプ」に分けられます。

「基本型タイプ」…学資金を一定の割合で年に一度受け取るタイプ
「入学準備型タイプ」…初回の受取り額を多く、それ以降は一定の割合で受け取るタイプ

大学プランを例にした場合のシミュレーション例
契約例:こども0歳、契約者30歳男性、共済金額300万円、基本型、22歳満期
学資応援隊のシュミレーション例 JA 学資保険

払込期間 払込共済掛金総額 給付率(返戻率)
12歳 2,836,944円 105.7%
18歳 2,923,938円 102.6%

上記のように、払込期間を短く設定すると給付率がさらに上がります。

また学資応援隊は契約者である親に死亡など万が一のことが起きた場合、その後の払込が免除となります。
さらに、被共済者である子どもに万が一のことがあった場合、共済掛金の払込期間に応じて死亡保障や第1級後遺障害、重度要介護状態に対する保障が受けられます。

ただしこのプランにはこどもの医療保障はありませんので、入院や通院の保障をつけたい場合は別途医療保険に加入する必要があります。

「祝金型」にじ

「こども共済にじ」は入園や入学の時期に合わせて入学祝金を受け取り、満期時に満期共済金を受け取るプランです。
子どもが万一の場合に受けられる死亡共済金や、所定の後遺障害や要介護状態への共済金が手厚くなっています

契約可能年齢はこどもが11歳まで、契約者が75歳までとなっています。

こども共済「にじ」のシミュレーション例
契約例:こども0歳、契約者30歳男性、共済金額300万円、払込期間18歳、22歳満期
こども共済「にじ」のシュミレーション例 JA 学資保険

払込期間 払込共済掛金総額 給付率(返戻率)
18歳 3,469,392円 86.4%
22歳 3,755,664円 79.8%

満期までに複数回のお祝い金がもらえるため、それぞれの進学にかかる費用を前もって準備することができます。
さらに災害給付特約をつけることで、後遺障害の程度に応じて共済金額の5%~80%を受け取ることができます。

「学資応援隊」に比べてこどもの保障が手厚い分、やはり返戻率が下がり元本割れとなってしまいます。

「祝金型」えがお

「こども共済えがお」も「にじ」と同じく、入学(入園)ごとの入学祝金と満期時に満期共済金を受け取るプランです。
「にじ」との違いは、子どもの保障がさらに充実している点です。
こども共済の3つのプランの中で、返戻率は低くなりますが一番こどもの保障が充実したプランです。

「えがお」のシミュレーション例
契約例:こども0歳、契約者30歳男性、共済金額300万円、払込期間18歳、22歳満期
こども共済「えがお」のシュミレーション例 JA 学資保険

払込期間 払込共済掛金総額 給付率(返戻率)
18歳 3,610,008円 83.1%
22歳 3,974,256円 75.4%

0歳で加入後、こどもが死亡、または所定の後遺障害や要介護状態に該当した場合、0歳~5歳までは共済金額と同額、6歳~14歳では共済金額の3倍、15歳~22歳では共済金額の5倍の保障金を受け取ることができます。
さらに災害給付特約をつけることも可能です。

しかし、現実的に考えると子供が万が一後遺障害になった際でも、国からの手当てや障害年金(20歳以上)もあるので、加入を検討する際はその点を考慮した上で選ぶようにしましょう

こども共済にはどんなメリットがあるの?

ではここから、こども共済に加入することで得られる3つのメリットについて解説します。

  • 親に万が一が起きた場合の「共済金額払込免除制度」
  • 子供の万が一の保障と貯蓄性のバランスが良い
  • 保険料クレジットカード払いに対応している

詳しく見ていきましょう。

親(契約者)に万が一が起きた場合の「共済金額払込免除制度」

JAこども共済には、すべてのプランに「共済金額払込免除制度」が付いています。
これは、契約者が死亡、または所定の後遺障害や要介護状態などになった場合、それ以降の共済掛金が免除となり、さらに祝金や満期返戻金、子供に対する保障も予定通り受け取ることができるという制度です。
※原因によっては免除にならない場合もあります。

親に万が一の事が起きた場合でも、こどもに対する保障や進学時に必要な学資金を予定通り確保できるのは、こども共済に加入する大きなメリットのひとつです。

また、逆に「共済掛金払込免除不担保特則」を付加すると、契約者に万が一のことがあってもその後の共済掛金は免除されませんが、その代わり契約者の年齢や性別、健康状態にかかわらず学資保険に加入できるというメリットがあります。

子供の病気やケガ、入院時や手術に対する保障が充実している

学資保険には、保障が手厚い代わりに返戻率が低く元本割れしやすい「保障型」と、保障がシンプルな代わりに返戻率が高り「貯蓄型」の2タイプがあります。

しかしこども共済は、災害時や子供の病気や手術、骨折などのケガに対する保障をつけることができる特則なども充実している上に、返戻率も高いプランが用意されています。

もちろん「にじ」や「えがお」のプランのように保障や特則を増えれば増える程返戻率が低くなってしまいますが、「学資応援隊」プランなら、こどもの後遺障害や死亡時の保障もついていて、なおかつ返戻率が100%を超えているので、保障と貯蓄性がバランスの良い商品と言えるでしょう。

保険料のクレジットカード払いができる

JA共済はクレジットカード払いに対応しています。
利用できる主なクレジット会社は各共済組合により異なりますが、JA CARD、NICOS、JCB、VISA、MasterCard、アメリカンエキスプレス、DinersClubなど。
クレジットカード払いにすると、学資金を貯蓄しながらカードのポイントを貯めることもできるので、一石二鳥ですね。
まだカード払いに対応していない保険会社もあるので、これは加入する上で大きなメリットと言えます。

こども共済に加入する際の注意点

ここからは、こども共済の加入に当たって注意しておきたいポイントについて解説します。

  • 特則を多くつけると元本割れする
  • 途中解約すると元本割れする
  • 祝金の受け取りには手続きが必要

養育年金特則などの特則を多くつけると元本割れする

養育年金特則とは、契約者が死亡または第1級後遺障害、重度要介護状態になった場合に、養育年金を毎年または一括して受け取れる制度です。
入学祝金や満期共済金も予定通り受け取ることができます。
(共済掛金払込免除不担保特則と同時に加入することはできません。)

また他の特則に関しても、もしもの時の安心材料にはなりますが、手厚い保障をつける分、元本割れするデメリットはあります
元本割れとは支払った共済掛金よりも受け取るお金の総額が少なくなってしまうことで、貯蓄性を重視するなら元本割れしない商品を選ぶとよいでしょう。
ちなみに学資応援隊では、養育年金特則あり、なしを選ぶことができます。

途中解約すると元本割れする可能性が高い

JA共済に限らず、学資保険は途中で解約するとほとんどの場合で元本割れを起こしてしまいます。
解約返戻金がいくらになるのかは、契約条件やプラン、契約年数によって変わってくるので、公式HP等では計算ができません。
保険会社に相談して現時点で返戻金はいくらぐらいになるのかを聞くと良いでしょう。

また、どうしてもお金が必要になった場合、解約する前に貸付制度を利用してみることをおすすめします。

JA共済では払込期間中に限り、申込時の返戻率の80%を限度として、共済証書貸付を受けることができます。
(※契約してからの年数が短い場合は貸付を受けられない場合もあります。)

貸付なのでもちろん利息は発生しますが、解約すると保障も全て失いますから、解約前に一度貸付を検討してみましょう。

しかしながらまずは、契約時に将来的に無理のない契約プランを立てる事が一番大切です。

祝金を受け取るには請求手続きが必要

進学ごとに受け取れる祝金を受け取りたい場合は、別途請求手続きが必要となります。
もし請求手続きをしなければ、原則として契約満了時までそのまま据え置かれます。

具体的な請求方法は

  1. 契約時に渡された渡された、約款を手元に用意の上、加入先のJAに連絡をする
  2. 担当者より必要書類の案内があるので、それらを全て用意する
  3. 必要書類に記入の上、加入先のJAに提出する
  4. 書類が届き確認ができ次第、土日祝日をのぞく8日以内に指定の口座へ祝い金が振り込まれる

といった流れとなっています。
提出書類や記入箇所に不備があると手続きが遅れてしまうので、請求の際は担当者にしっかりと準備書類を確認するようにしましょう。
請求方法は祝金だけに限らず、災害時や病気、事故などに合った場合も概ね同じ流れとなっています。

逆に祝金をそのまま据え置くことで、JAが利息をつけて預かってくれるので、資金に余裕がある場合は据え置きがお得です。
もちろん資金が必要になった時は、請求手続きをすることで自由に引き出すことも可能です。

こどもの共済の口コミ、評判は?

ではここで、実際にこども共済に加入した方の口コミを紹介します。
こども共済には良い口コミが多く、悪い口コミは殆ど見当たりませんでした。

JAこども共済には保険の機能もついている点が魅力です。万が一、子供が病気や事故で重い後遺障害を負ってしまった場合には、満期給付金の金額が保険金として支給されるのです。このため、たんなる積立貯金の性質だけでなく、障害保険の機能を持っているため、子供を守る観点から有難い金融商品だと思います。
私は第一子が生まれたときにJA子供共済を選びました。
なぜこの商品を選んだかというとまず第一に、高い貯蓄性と保証がバランスよく備わっている点です。
その他の保険にもいい点はあります。
貯蓄性が高かったり、保証が充実してるものもあったりといろいろあります。
その点、この保険は両方をバランスよく備えてるのでお勧めできると思います。
また、学資保険を受け取るタイミングも進学時期に合わせ、中学、高校、大学と選べるのもいい点だと思っています。
JA共済の学資共済【にじ】に入っています。学資だけでなく保障もしっかりしているということで、御守りとして選びました。今年、娘が幼稚園入園の年だったので15万円の入園祝い金を受けとることができました。入園準備に使っても15万円も必要なかったので娘の貯蓄にすることができました。ありがたいです。JA共済に加入してよかったのは保障や祝い金の他に、定期的に近くの教育学科のある大学で体を動かして遊ぶイベントを開催してくれたことです。アンパンマンの手作りおもちゃを大学生の方がたくさん作ってくれて体育館で遊ばせてくれました。娘も楽しそうに遊んでいました。
身近にあり、色々な相談もしやすかったJAさんの保険だったというのが第一の決め手でしたが、親に万が一なにかあった場合でも、その後の共済掛け金は発生しないので、残された者へ負担にならずに満期まで払込みがされるという点が特に良かったです。それに、学資金の受け取り時期も自由に設定出来たので助かりました。特約などをつけなくても、子供が骨折などをした際もお見舞い金が出るという、かゆい所に手が届く点も良かったと思います。

このように、高い返戻率と保障のバランスが良いこと、また地域密着で相談がしやすいなどの口コミがたくさんありました。とても評判の良い保険商品ですね。

悪い口コミは殆ど見当たりませんでしたが、こどものケガや病気の際に、原因によっては保険金が出ない場合があるといった内容がありました。先天性の病気等に関しては保険金がおりない為、気になる場合は加入前にしっかり確認しておくようにしましょう。

主な学資保険の特徴比較一覧

ここで、主な学資保険の特徴と返戻率を一覧にしました。
気になる学資保険があればチェックしましょう。
※契返戻率はプランによって異なります。

商品名 特徴 返戻率
JA共済 こども共済
JAこども共済バナー
JAこども共済 公式
保障と貯蓄のバランスが良い
契約者の年齢制限が75歳までと幅広い。
101.1%
ソニー生命 学資金準備スクエア
ソニー生命学資金準備スクエアバナー
ソニー生命学資保険 公式⇒詳細
トップクラスの返戻率を保持し、プロのプランナーが家計に合わせてプランをオーダーメイドしてくれる 105.5%
ニッセイ 学資保険
日本生命学資保険バナー
ニッセイ学資保険 公式⇒詳細
大学進学毎に毎年学資金を受け取れる
24時間365日無料の育児相談ホットライン
104.0%
かんぽ生命 はじめのかんぽ
かんぽ生命学資保険はじめのかんぽバナー
はじめのかんぽ 公式⇒詳細
こどものケガや入院などの保障が充実している代わりに、元本割れする
18歳満期に加え、17歳満期のプランもある
84.2%
フコク生命 みらいのつばさ
フコク生命学資保険みらいのつばさバナー

みらいのつばさ 公式⇒詳細

5年ごとに配当金がつく
兄弟割引で、2人目からは保険料が安くなる
105.5%

2020年学資保険の人気ランキングをチェック⇩

学資保険プロ
学資保険プロ
https://gakushihoken-pro.com/osusume/gakushi-popular/
日本最大級の学資保険情報サイト

まとめ

今回はJAの学資保険「こども共済」についてくわしく紹介しました。
3つのプランで一番おすすめなのは、やはり返戻率が一番高い「学資応援隊」です。
祝い金型は保障が充実してますが、返戻率の低さゆえに学資保険の本来の目的である「教育資金の準備」にはマッチしません。
逆に返戻率よりも保障を重視するという人には、おすすめできます。
何を優先するかによって、他の学資保険とも見比べながら選ぶようにしましょう。

まとめ

  • 貯蓄性を重視するなら「学資応援隊」がおすすめ
  • 「祝い金型」の2つのプランはこどもの保障が充実しているが元本割れする
  • 特則を増やしたり、途中で解約すると元本割れする

> 無料で学資保険の相談ができる! <
> 【保険ガーデンプレミア】 <

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事