【FP監修】アフラックの学資保険をシミュレーション!返戻率は?

がん保険や医療保険のテレビCMでお馴染みのアフラック。じつは学資保険も取扱いがあるんです。
本記事では、アフラックの学資保険の特徴を徹底レポート。保険内容のシミュレーションを交えメリット・デメリットを紹介します。数多くある学資保険、少しでもお得な保険に入るために、是非チェックしてくださいね。

【この記事の監修】

ファイナンシャルプランナー 西田 凌 学資保険プロ

ファイナンシャルプランナー
西田 凌

複数の保険総合代理店にて勤務後、より多くの方に「正しい情報」を届けるために、現在は完全独立系のファイナンシャルプランナーとして活躍中。
年間100世帯の面談経験を元に、個人のコンサルティングやweb上での相談サービスに加え、お金の専門家として様々な情報サイトで執筆を手掛ける。
保険のみならず、年金や社会保険、資産運用や老後資金など幅広い知識で家計にベストなアドバイスを行うFPとして人気が高い。

FP2級・AFP 資格保有

⇒ 監修者のプロフィール詳細はこちら

学資保険返戻率ランキング

アフラック「夢見るこどもの学資保険」は貯蓄型の学資保険

子供の将来の学費のために、学資保険を利用している人も多いですね。学資保険には貯蓄型と保障型があります。アフラックの「夢見るこどもの学資保険」は、保障が最低限の貯蓄型保険で、大学4年間でかかる費用を、手厚くサポートしてくれます。学資保険には珍しく、受取総額が1,000万円以上にも対応しているため、医大や歯科大のための費用を貯めたい場合にもおすすめです

夢見るこどもの学資保険の特徴は?

アフラックの夢見るこどもの学資保険には、他の学資保険とは異なる大きな特徴があります。しっかりと理解すれば、この学資保険を十分に使いこなすことができるでしょう!

高校入学時に学資一時金、大学入学から4年間学資年金が受け取れる

アフラックの夢みるこどもの学資保険は、教育資金を5回に分けて受け取ります。高校入学時に祝い金(学資一時金)を受け取ることができ、大学入学時には基準学資年金額、その後大学4年生まで毎年学資年金を受け取れます。
義務教育である小・中学校の入学時には、あまり費用はかかりませんが、高校入学となると、制服や教科書に加えて、授業料なども発生してくるので、意外と大きな出費となります。そのタイミングで一時金が受け取れるのは、嬉しいですね!
一般的な学資保険は、満期金が1番高く設定されていることが多いですが、アフラックの夢見るこどもの学資保険は、大学入学時に受け取る、基準年金額が1番多く設定されているのも、大きなメリットです。また、受取総額は少し下がってしまいますが、大学2~4年で受け取る学資年金を一時金でまとめて受け取ることもできます。その時の進路によって受取り時期を変更できるのも嬉しいですね。

アフラック学資年金設定イメージ アフラック 学資保険

10歳、17歳、18歳、3つの払込期間を選べる

アフラックの夢見るこどもの学資保険の保険料払込期間は、17歳・18歳の他に10歳も選ぶことができます。義務教育中のあまりお金がかからない時期に、保険料を払い終えることができるのが、とても大きなメリットとなります。ただ、支払期間を短く設定すると、当然ですが、その分毎月の保険料は高くなりますので、家庭の出費を考え、経済的に少し余裕がある場合には、10歳払込済に設定することをおすすめします。

保険金満了年齢が17歳か18歳

学資保険の満了年齢は18歳が一般的ですが、アフラックの夢見るこどもの学資保険は、満了年齢を17歳、18歳のどちらかに選択できます。
18歳満了の場合、学資金の受取が「18歳の誕生日後に迎える最初の年単位の契約応当日」とされています。そのため、年度の後半が誕生日の場合、1回目の学資年金の受給日が、大学の入学金を納める時期に間に合わない場合があります。例えば、学資保険の契約月が6月で、誕生日が11月だった場合、18歳になった11月の後に来る契約日の6月が受給日となり、入学後にお金を受け取ることになります。
こういった場合、17歳満了にしておくと、推薦入試など、早めに入学金が必要になる前に学資金が受け取れることになりますよ!

保険満期時に満期金を一括して受取ることもできる

学資年金を4回受け取る以外にも、一時金として大学入学時に一括で満期金を受け取ることも可能です。しかし、学資年金として受け取るよりも、受取総額が少なくなってしまうことに注意が必要です。

夢見るこどもの学資保険の詳細

ではここで、契約概要をわかりやすく表にまとめてみます。

返戻率 96.2~98.3%
被保険者年齢 0~7歳
(10歳払済の場合0歳~5歳)
契約者の年齢 女性16歳~50歳
男性18歳~50歳
※保険料払込期間や加入時被保険者年齢によって異なる
払込期間 10歳・17歳・18歳
学資年金支払開始年齢 17歳、18歳
学資保険の受取方法 高校進学時に学資一時金
大学進学時から毎年(4回)学資年金
満期保険金の据え置き あり
受取総額 120万円~1,500万円(60万円単位で選ぶことができる)
出生前
加入特則
出生予定日から140日以内
死亡保障 保障開始日から学資年金支払開始日の前日までに被保険者が死亡した際、既払込保険料相当額が死亡給付金として支払われる
払込免除特則 あり
育英年金 なし
医療保障 なし

アフラック夢見るこどもの学資保険のメリット

それではここで、アフラックの夢見るこどもの学資保険のメリットを解説します!

積立感覚で貯蓄でき、払込免除特約が付帯することで万一でも安心

学資保険を通じて、子供の将来の教育資金を貯めておけば、簡単に引き出して他のことに使ってしまうことも防げます。毎月決められた金額を、積立感覚で無理なくコツコツと貯めていくことができますよ!
また、アフラックの夢見るこどもの学資保険には、保険料払込免除特則が付帯されています。契約者に万が一のことがあった場合、以後の保険料の払い込みが免除されます。その場合でも、学資一時金や学資年金は、そのまま受け取ることができます。

年金受取開始を17歳か18歳から選択でき、入学金に充当できる

学資年金の支払い開始年齢を17歳と18歳のどちらかで選ぶことができます。早生まれの人でも、支払い開始年齢を17歳に設定しておくことで、入学金が必要になった時に、きちんと受け取りが間に合うように設定できます。

受取総額を1,500万円まで設定できる

学資保険の受取総額が、1,500万円まで高額な設定ができるのは、アフラックの夢見るこどもの学資保険以外には、ほぼ見当たりません。医学部や薬学部を卒業するために、必要となる費用をまとめてみます。

国公立大学 私立大学
  初年度にかかる
費用
6年間にかかる
費用
初年度にかかる
費用
6年間にかかる
費用
医学部 約82万円 約350万円 約700万円 約3,550万円
薬学部 約30万円 約322万円 約220万円 約1,100万円

これらの大きな費用をまかなうには、複数の学資保険に加入したり、受取総額を高額に設定できるアフラックの学資保険を選ぶと良いですね。

学資保険を年金で受け取る場合、税金の申告が必要な場合があります。詳しくはこちらの記事をチェックしてください。

アフラック夢見るこどもの学資保険のデメリット

アフラックの夢見るこどもの学資保険には、魅力的なメリットがある反面、絶対に知っておくべきデメリットもあります。加入を検討する際には、どちらもきちんと理解して、納得のいくものを選ぶようにしましょう。

子供の医療保障や育英年金などの保障がない

夢見るこどもの学資保険は、貯蓄型の学資保険のため、医療保障や育英年金などの保障がありません。学資保険1つで、色々な保障もまかないたいという場合には、他の学資保険を選ぶことが必要になります。保障内容をしっかり確認の上、加入の検討をしましょう。

返戻率が低く、解約するとさらに損する可能性が

夢見るこどもの学資保険は、少し前までは返戻率が高く非常に人気でしたが、2017年の保険料が値上げされた影響で、現在は返戻率が100%以下になり、元本割れする商品となりました。
たとえ10歳払済のプランを選んで、毎月の保険料の支払いを高く設定したとしても、戻り率が悪く、元本割れをしてしまいます。医療特約や死亡保障などが手厚い学資保険ならば、特にデメリットにはならないところですが、夢見るこどもの学資保険の場合は、特に手厚い保障がついているわけではないため、貯蓄性の部分で大きなデメリットとなります。
また、途中で解約する場合解約返戻金は保険料総支払額を大きく下回っていしまいます。短期間で解約すると、解約返戻金が発生しないことも。せっかく支払った保険料を無駄にしないためにも、加入はよく検討してから行うようにしましょう。

年齢制限が厳しく祖父母が契約者になりにくい

夢見るこどもの学資保険は、契約者・被保険者共に、契約可能年齢が少し厳しいです。17歳・18歳払済の場合、契約者は満18歳~満50歳、被保険者は0歳~満7歳となっています。
10歳払済の場合は、被保険者が0歳~満5歳となっています。
契約可能年齢の範囲が狭いため、祖父母が契約者になるのは、難しいかもしれません。

夢見るこどもの学資保険をシミュレーション

アフラックの公式サイトにある、保険料シミュレーションを行ってみて、実際の保険料と返戻率をチェックしてみます。

[契約条件]
契約者年齢:30歳男性
被保険者(子ども):0歳
学資年金支払開始年齢:17歳
受取総額:300万円

月払保険料 15,270円
受取総額 3,000,000円
累計払込保険料 3,115,080円
返戻率 96.3%

このように、夢見るこどもの学資保険では返戻率が100%を下回り、元本割れをしてしまいます。
教育資金をがっちり貯めたい人は、貯蓄性を重視した返戻率が高い学資保険を選ぶことが大切です。

⇒ 2019年学資保険の
返戻率ランキングはこちら

まとめ

アフラックの夢見るこどもの学資保険は、子供の将来の教育資金を用意するための貯蓄型保険です。メリットもたくさんありますが、元本割れしてしまうという見逃せない大きなデメリットも含まれています。加入を検討する際には、しっかりと両方を理解して、他の保険会社から出ている学資保険と比較してみたり、保険ショップで担当者に相談することも重要です。

まとめ

  • アフラック夢見るこどもの学資保険は貯蓄型の学資保険である
  • 保険金満了年齢を17歳と18歳から選ぶことができる
  • 保険料の払込期間を10歳・17歳・18歳から選ぶことができる
  • 受取総額が1,500万円まで設定できる
  • 加入年齢の制限が厳しく、満期金も元本割れを起こしていることに注意する

学資保険返戻率ランキング

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事